【お悩みQ&A~1~】ネガティブ発言が多いです。

ロケット心理学とは?
~塾長の木村香織が提唱する心理学。「幸せな自分の作り方」として、今よりさらに幸せになるための現状打破する思考法や行動法~

【Q】今回のお悩み:
うちの子はネガティブ発言が多く、「どうせ」「私なんて」という発言が目立ちます。自信を持たせようと褒めてはいるのですが、なかなか受け入れられないようです。母親として、なんと声かけしたら良いでしょうか。

【A】かおり先生からのAnswer:
お悩みのご相談ありがとうございます。

子供たちは「失敗したときの保険」「勉強などやりたくないものをやろうとした時」の言い訳としてネガティブな言葉を使う傾向があります。
大人の私たちでもついついやってしまいがちですよね^^;
子供も大人も同じ。
その気持ちを汲んであげつつ、褒めてあげることで、お子様のネガティブな感情を和らげてあげてください。
その際、結果ではなく、行動を褒めることが肝心です。
「テストで100点とれたね。」という、結果に対する評価ではなく、「頑張ったね」「チャレンジしてくれたことがお母さん嬉しかったよ」とお母様のお気持ちを伝えてあげてくださいね。


 

関連記事

  1. 期末テスト対策スタート

  2. 夏期特訓中3(内容)

  3. ありがとうございます!

  4. シナプスオリジナル脳トレ

  5. テスト明けお休み

  6. シナプスお楽しみ企画第9弾!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。