国立名古屋工業大学工学部 生命・応用化学科 / 名城大学理工学部 電気電子工学科 Y君

合格体験記

僕が受験を終えてまず思ったことは「やりきった!」ということです。仮に落ちていたとしても、あの時もっと勉強しておけばよかったなどの後悔はなかったと思います。後輩の皆さんも後悔が残らないよう全力で勉強を頑張ってほしいです。また、18歳の僕が言うのもなんですが、受験勉強は人生において絶対に無駄になることはないと思います。自分の目標に向かって全力で取り組むという経験をすることは、今後の人生において絶対にプラスになると思います。途中で諦めたり、投げ出したりすると、今後も、何か大きな問題と対峙した時、同じように逃げてしまうと思います。なので、最後まで諦めずに頑張って欲しいと思います。さらに、受験勉強は自分を見つめ直すきっかけにもなると思います。実際に、僕は最初、物理系の学科を志望していました。しかし、勉強を進めていくうちに、自分は物理よりも化学の方が好きということに気付き、化学系の学科に進みました。なんとなくの勉強では気付くことはできなかったと思います。なので、自分を見つめるという意味でも全力で頑張ってほしいと思います。全力でやり切れば、試験当日も多少の不安があるかもしれませんが、自分はこれだけ頑張ったという自信を持って臨むことが出来ると思います。後悔の残らないようにがんばってください。

関連記事

  1. 合格体験記

    池田高校  Tさん

  2. 合格体験記

    大垣西高校 (特色化) Hさん

  3. 大垣工業高校  電子科 T君

  4. 岐阜東高校 蛍雪コース Tさん

  5. 愛知大学 経済学部  Kさん

  6. 愛知医科大学、中部大学、岐阜医療科学大学看護 岐阜市立、滋賀…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。